UE4から出力したパノラマをwebGLで見る

2021年あけましておめでとうございます.
昨年は本当に大変な一年となりましたが,ひとまず無事切り抜けることができました.感謝という他ありません.苦しくなるようなニュースも見聞きしていますが,明日は我が身とも言えます.危機感を持ちつつ今年も精進していきたいと思います.

マスクなしの頃の日常がもはや懐かしい…

いつもは参拝に行きますが,さすがに今年は外出は控えて引きこもっています.せっかくなので昨年から勉強していたことを形にしておきたいと思い,UE4でパノラマ出力してwebGLで見るまでを試していました.

サンプルはこちらのURLから(少し重めのコンテンツなのでスマホやWifiでない方はご注意ください)※IEでは見れません.あと読み込めない場合はリロードしてみてください.
https://makototamura.com/webgl/Sample/panorama/apartman/room1/index.html

UE4からレイトレーシング4Kパノラマを出力する

シーンは時間短縮のためマーケットプレイスで良さそうなインテリアシーンを購入.レイトレーシングとはいうものの,ワークフローを確認するためでもあったため,あまり細かい設定はしていません.ところどころPreviewの文字が見えますし,反射もおかしな箇所がありますが無視してパノラマレンダリングの要領をつかむことに時間を割きました...

問題のパノラマの出力方法ですが, StereoPanoramicMovieCapture プラグインを使用する方法は動作が重かったため,SceneCaptureCubeを使用しました.

ただ,一か所のキャプチャなら簡単でしたが,4Kのキューブマップを沢山配置するとリアルタイムでキャプチャしているためさすがに重く,レンダリング時以外は解像度を小さくするなど何か工夫が必要だなと感じるところですが,そもそもUE4自体それほど詳しくないのでこの辺りに関しては追々考えることにします.

そもそそもリアルタイムレイトレーシングしながらで4Kパノラマを複数キャプチャしてたら重いのは当然ですね.

レンダリングはMovie Render Queueを使う

Movie Render Queueを使うことにします.こちらはシーケンサーのレンダリング設定とは違い作業画面とレンダリング時の品質を切り離すことができるので,非常に便利です.特にコンソール変数を使用する事で好みの設定を作れますし,もちろんプリセットとして保存することもできます.DCCツールのレンダリング設定と似ているといえば似ていますね.ただこちらはアニメーションレンダリング用ですが.しかし今回はアニメーションではなくパノラマ1枚1枚のレンダリングに使用しています.品質の上げ方は調べながら試したのでまだまだ改善の余地ありです.

Movie Render Queueの良いところはいわゆるスクリーンショット型レンダリングではないため,作業時は低負荷で行い,レンダリング時は高品質で行うというまんまプリレンダリングのような振る舞いが可能な点でしょうか.これは便利だ.

ドキュメントはこちら
https://dq8iqaixvew1d.cloudfront.net/ja/RenderingAndGraphics/RayTracing/MovieRenderQueue/index.html

webGLへ

あとはwebGLで見れるようにするだけです.いちおうここではスポットの座標確認用にCinema 4Dを使用していますが,他のDCCツールやwebGLビューワーなどを使っても問題はないです.スポット座標の書き出しから設定までもう少し効率化できれば作業時間は短くできそうです.Cinema 4Dから書き出したデータから座標値を読み込めば良いだけなのでそれも追々テストしたいと思います.時間短縮は本当に大事だ.

それにしてもwebGLの他の方のリッチコンテンツを見るとすごいなと感心するばかりです.

Digital Nature with Redshift

I have done the first test for Digital Nature using Redshift and Cinema 4D R21.

All most assets are come out from The Megascan Bridge, these assets already have Redshift material, it is very kindly and easy to use.

By the way, The Megascan Bridge plugin is working on R21 without issue.

Inside the rock arch’s material use SSS shader, it absorbs a little light and brightens overall. And I changed color default Megascans textures like a bit red.

Render settings

With GI primary is Brute force, secondary is irradiance point cloud.

Also, it shooted photon from directional light and enables caustics photon in the render settings because under the rock-arch has a little beach. This is because I want to draw caustics from waves on the rock surface.

Beach wave created by X-Particles but, delicate flip wave simulation with X-Particle is very difficult I think. And so slow…

Finally, I will render an animation.

20190916 20190916-3 20190916-4 20190916-5 20190916-6 20190916-7

Fruit splash in the water

I have done a test splash water bubbles using X-Particles and rendered by Redqueen.

Although still in the testing phase I have integrated some Redqueen features into Cinema 4D.

Fruit splas in the water from T_makoto on Vimeo.

X-Particles

Water bubbles are created openVDB object by X-Particles. You can find bubble tutorial, Bob always introduces a nice tutorial. Not difficult.

20190824-2

Blender 2.8

Also, a top of the camera has animation water surface was created by Blender 2.8 fluid system. This water surface was used to generate animated caustics throughout the scene. Export alembic from blender and import to Cinema 4D.

20190824-1

Redqueen

As the bubble gets finer, more ray depth is needed otherwise, ray stoped and surface color get dark. If it needs to get more clean water required a lot of ray depth.

Of course, If need nice caustics details shooting a lot of photons each light and set to a properly radius is also required.

 

 

End of holiday week

The last day of my holiday week.

Sippo

I went to Kichijoji and walk around near the station, many people come here and they look like enjoying a holiday. I went to go to Sippo. There is a nice restaurant and have you can enjoy some meals using natural ingredients and those are tastes very good.

20190506-2

Look at that printed picture to a case of chopsticks, so pretty.

And in this shop can buy some antique items, look that a photo, first of all, I could not look like the restaurant at the entrance of this shop. It is funny.

20190506-3

https://www.sippo-4.com/

Around Kichijoji can find too many antique shops,  I think it is one of culture in this area.

Coffee Beer by Baird Beer

On the way to home, I found coffee beer at a glossary shop and bought it.

This beer name is Morning Coffee Stout and made by Baird Beer made in Japan. The tastes of coffee and bitterness of the hop were integrated and it was good tastes, I like it. And label design is also cool, it looks like woodblock print isn’s it?

20190506-4

https://bairdbeer.com/beer/