Makoto TAMURA web site

BLOG

Wagasa (Japanese Umbrella)

和紙の光の透過が難しい...

レンダラはRedshiftです.

アニメーション書き出しでモーションブラーを使用.
制作途中のホワイトモデル.糸かがりが入ると一気にらしくなりました.

糸かがりまで連動させるのはさすがに大変でした.

以前MotionElements様でCinema 4Dウェビナーの作例として登場した和傘をブラッシュアップしたものです.小骨とろくろに貼られる糸かがりを追加しています.糸かがりも開閉に応じて動くようにしたので結構大変でした.XPressoはもちろん使用しつつ,コンストレインも併用して開閉のユーザデータのみですべて連動するようになっています.

XPressoは比較的小規模ですが,コンストレイントのセットアップまで含めるとなかなか骨が折れました...

XPressoは主に三角関数の処理で開閉パラメータを元に色々なオブジェクトが連動しています.また,親骨の長さや小骨の角度,ろくろの位置などもパラメータと連動しているので,サイズ違いなども簡単に作れます.

一つ一つのオブジェクトにキーフレームを記録するのはあまりに非効率なのでXPressoを使って効率化を進めていきます.確かに作成工程は大変になりますが,後で違うバリエーションを作り直したりする必要はありませんし,作り方さえ分かってくれば他の形状のものにも応用できます.

PAGE TOP