Makoto TAMURA web site

BLOG

Redshiftのサブスクリプション化

2021年8月30日からいよいよRedshiftもサブスクリプションライセンスのみに切り替わりました.これまでは永続ライセンスも提供されていたので,メンテナンス更新しなくても一応古いバージョンは使うことができました.しかしサブスクリプションのみということは,今後は年間の更新が必要になります.

ただ,最近のソフトウェア自体のアップデートも頻繁に行われるので,逆に古いバージョンだと色々不都合が起きたり,単純に機能面が不足したりということが発生するので,個人的にはサブスクリプションでも良いかなと思います.

一ヶ月のレンタルライセンスもあり

また,一か月単位のレンタルライセンスもあるのでネットワークレンダリング用にライセンスを追加する使うような場面も大いにある気がします.クラウドレンダリングサービスを使うほどでもないけど,ちょっとライセンス欲しい,という場面では特に重宝しそうです.

他のDCCツールでも使用可能

個人的に一番大きな変化はこれまでCinema 4Dに付属するRedshift for Cinema4DではCinema 4Dでしかレンダリングできない仕様だったのが,この一本化に伴いどのDCCツールでも利用できるようになったのが大きいです.最近特にHoudiniやBlenderも併せて使うことがあるので,それらのツールで直接レンダリングできるのは良いですね.

Team Renderに対応

Team Renderで使用する場合はクライアントPCの数だけライセンスを追加する必要があるとのこと.この辺りも一か月レンタルライセンスがあるのでコストを押さえつつ対応しやすくなったといえます.ハードウェアは別の話になってしまいますが..

より詳細や価格が知りたい方はMaxon Japanのノートをご参考ください.

サブスクリプションに伴うFAQ記事もありましたので,こちらも一読いただくと良いかと思います.

PAGE TOP