Makoto TAMURA web site

BLOG

9月16日:Cinema 4Dウェビナーを開催

2021年9月16日,いつもお世話になっているモーションエレメンツにてCinema 4Dのウェビナーを開催することとなりました.

2Dモーショングラフィックスから3Dへ」 AfterEffectsとCinema 4Dで作る3Dモーショングラフィックス入門

無料開催となりますので,Cinema 4Dに興味ある方や使い始めたけれど何をしたらいいか分からない方,復習程度に見たい方,Cinema 4Dでどんなことが出来そうか知りたい方などなど,お気軽にご参加いただければと思います.

内容としては

・AfterEffectsとCinema 4Dの連携について,データのやり取りや注意点も少し交えた内容となります.

2Dのモーショングラフィックから3Dへ発展させるという連携でAfterEffectsからCinema 4Dへ必要なデータを渡していく内容です.そこで,Cinema 4Dの強力な,特にモーショングラフィックに特化した機能MoGraphを使い次のようなアニメーションを作ります.

ご参加の登録は下記MotionElement様のウェブサイトより行ってください.

https://www.motionelements.com/webinars/ja/2021-09-tamura

内容の理解にCinema 4Dの経験は必要ですか?

いいえ,まったくの初心者でも大丈夫です.そのレベルの内容となります.

Cinema 4Dに関してははじめて触る方でも大丈夫な内容です.あまり凝った表現や作業方法を行うのではなく,あくまで基礎となる機能を使って,なぜそう動くのかといった仕組みをしっかり理解してもらうことを優先した内容です.

特に今回はモーショングラフィックスを作るうえで欠かせない機能に絞って解説していきますが,これらの機能の理解はかなり重要なものとなります.また,覚えたことを次回に活かせるような内容したいと考えています.

Cinema 4Dもかなり高度なソフトですので,他の3Dアプリケーション同様に難しい所もあるわけですが,いつも初級の方に教える時にはまず最初に抑えておいた方が良い機能とその仕組みを理解することによって,次につながるようにできたら良いなと常々思っています.

「継続は力なり」長い目でみて学習していきましょう.

3DCG自体は制作物によっては必要な知識や技術が全く異なるのですが,Cinema 4D上でもモーショングラフィックや,キャラクターモデリング,建築表現,プロダクト表現などで使用する機能は覚えておくとよい機能も多岐にわたるため,一度でそれらを使いこなせすは無理だという点は最初にお伝えしています.

誰しもが最初から複雑なことが出来るわけではありませんので,焦らず自分のペースで学習を続けていけば大丈夫です.あとは楽しみながら作れるとなお良いです.

何にでも当てはまることですが,続けることが最も上達に近い方法ではないかと思っています.

Cinema 4Dを触ってみたい方,これから触ってみたい方が興味を持ったり,挫折しないようにフォローしてあげれたら良いなと思います.

PAGE TOP