資料閲覧用に活用 -PureRef-

モデリング用に限ったことではないですが、沢山の資料として画像を参考にする時、こちらのPureRefというソフトが大活躍しています。これまでもいくつかビューワを試してきましたが、モデリングするとき、絵を書くときにはこのPureRefが大変便利です。

20150412-1

画像をフォルダごとドラッグ&ドロップすると一度に読めます。今のバージョンはその際に自動で整列してくれるのでさらに楽になりました。PureRefのメリットはこの状態のまま拡大縮小、移動が出来るので、ひとつの資料ボードのような感覚で使えることです。画像を最初にカテゴリーに分けて整列させておけば、欲しい資料も見つけやすくなりますし、資料を探すのに都度フォルダを行ったり来たりせずにすむので、時間の節約にも繋がります。使い方もとっても簡単!

画像を選択してctrl+左ドラッグで回転なんかもできます。

20150412-2

 

PureRefのダウンロードはこちらから
http://www.pureref.com/

PSYCHO-PASSにはまる

すでに第2期放送、さらに劇場版も公開されちゃって、今かよ!って突っ込みされそうですが、はまってます。

http://psycho-pass.com/

まだ第1期を見終わってないんですが、仕事が忙しくてここ最近は見れてない…

第1期放送時には、常守朱監視官の顔がどうも苦手だなと思ってみてなかったわけですが、何気に見始めると全く気にならないというか、むしろちょっとかわいい。。。

登場メンバーも渋いし、あ、これ好き系だったんだと。原作も読んでみなくては!というくらいにのめりこんでおりまして、ただの食わず嫌いだったわけですね。

ところで、挿入曲を聴いていたら岡田君主演のSP感あるなと思ったら、これまたやっぱり菅野祐悟氏でありまして、俄然はまっていってしまいました。かっこええですよ。で、サントラほしくなってしまった。

PSYCHO-PASS Complete Original Soundtrack

菅野祐悟氏、最近ではレコンギスタもやっていらっしゃったんですねぇ。芸術家でもあるし、なんだかすごいなぁと感じます。

PSYCHO-PASS サイコパス Blu-ray BOX 6枚組

劇場版 PSYCHO-PASS サイコパス Blu-ray Premium Edition

実践! ハイエンド3D CGプロダクションの現場に学ぶスペシャリストの技とコツ

こちらも2月はじめくらいに購入して、ようやく読みすすめています。

購入の決め手

人体からクリーチャー、SFメカといったそれぞれのカテゴリでハイエンドなモデリング、テクスチャリング、リギング、レンダリング、コンポジットと製作工程が細かく書かれてます。

それぞれのアーティストの考え方、作り方が参考になると思います。ボーンやウェイト設定も少し書かれています。今後の製作のヒントが沢山詰まっているなと感じる一冊。

本書で解説されているCGソフトはMODOやZBrush、3ds Max、V-Ray、After Effectsなど多岐にわたるのですが、CGソフトが違ってもやることに違いはありませんので、私はCINEMA4Dですが、即購入しました。その割りに今頃読んでるのが辛いところ…

20150407-1

 

速さは全てを解決する—『ゼロ秒思考』の仕事術

こちらは少し前に読んだ本。

仕事が増えても、質を落とさず、スピードを上げ、仕上げる。

掛け持ちで色々仕事をこなしていくと、スケジュールを組んでもイレギュラーが発生した際、他の仕事が予定通り進まない事が発生することがあり、苦労することが結構ある。スケジュールの再調整などでまた手間が増え、全てが後手後手になってしまい、もはやどうにもならなくなった…とか。そこまではないけど。

さらに仕事を増やすと仕事ばっかりしてプライベートタイムが全くない、という状況も結構あるんです。

収入は押さえつつ、かつ、プライベートも充実させるには…と常々考えていたのですが、スピードというのがやはり重要な要素のひとつだと思い、手にとって見たのでした。

仕事のスピードが早い人というのは、これまで出会ったきた人の中にも沢山いるが、早いのに、ミスなく結果を出す人が多いように感じる。仕事が雑っていう人は記憶の中にはいないかな。万一ミスしてもフォローも早いから逆にクライアントが助かります的な、ミスしたのに信頼度上がってるじゃん的な状況も結構見てきた、ような気もする…

スピードがある、またはコントロールできるのは大きな力となるのではないだろうか。ということで、最近は本書に書かれているホンの基本的なことから試しているところです。

忙しさ的には先月の悪夢のような状況から大して変わってない気もするけれど、ブログ書いてる余裕もあるし、体力もまだまだ元気。実践してることが小さなことの積み重ねなので、その成果なのかどうかは微妙だが、知恵を絞って工夫することの大事さを実感しているところです。

私がスピードアップをしたい理由としては、

・さらに多くの仕事をこなすこと
・その中で家族との時間を増やすこと
・そしてさらに自分のやりたいことの時間を増やすこと

このあたりでしょうか。先月は仕事だけでもう本当に時間がいくらあっても足りないと感じる毎日だっただけど、さらに仕事を増やしながら時間をつくることが目標です。