farnsworthhouse 

20151201-1

ひとつプロジェクトが終わり,ファンズワース邸のモデリングを少し進めました.

ファンズワース邸というのは,巨匠,ミース・ファン・デル・ローエが手がけた住宅です.CGのモデリングサンプルでもよく見かける素材のひとつですね.

ミースのバルセロナ・パビリオンと並んで非常に有名な建築です.鉄骨で床を持ち上げる高床構造が特徴的で,壁や仕切りがなく,ダイニングエリア,キッチンエリア,リビングエリア,スリーピングエリアがコア部分を囲むように配置されてます.さらに四方全てをガラスで囲ってあります.外の柱は建物の外側に配置されているため,この柱は室内には現れず,柱に挟まれて浮いているような印象です.この構造はモデリングしながら不思議な感覚になります.一見シンプルながら,建設コストがかなりかさんだらしいです.

森の中にひっそりとたたずむそのシルエットに惹かれる人も多いのではないでしょうか.

http://farnsworthhouse.org/

今日は未着手だったインテリアのコア部分を進めました.面取りもしっかしして,なるべく細部まで再現できればと思います.

キッチンの水洗周りはまた後日に.

20151201-1

 

UnityかUnreal Engineでリアルタイムビジュアライゼーションの練習もしたいです.

 

   

レンタルサーバー比較

ここは今お名前.comのサーバー使ってますが,なんか広告見てたら月額料金が自分のより安くなってるやんけー!

ということでちょっとチェックしてきました.

お名前.comは今はレンタルサーバーのプランが2つあります.

SD-11(月額料金1,300円)

SD-12(月額料金2,600円)

私のSD-01(月額料金1,728円)というプランはどうやら消滅したらしい...じゃあこれを機にSD-11というプランに変更しようかな,HDD容量も倍の200GBになることだし♪

って考えるじゃないですか.普通なら.

が!しかし!!

SD-01からSD-11へのプラン変更はできないッ!!だと?!

http://help.onamae.com/app/answers/detail/a_id/14354

腑に落ちない…なぜならSD-01から法人クラスのSD-12への変更は可能だからです.余計に腑に落ちないよね,これわ.

SD-01ユーザーはこのままSD-11への変更も出来ないまま,SD-11よりサービスが落ちるプランでSD-11より高い料金を払い続けることになるわけですね.なるほどなるほど.

なにこの仕打ち…

それならいっそレンタルサーバー変えようかなと思い,検討してみることにしました.

私もいくつかサイト運用していますし,お名前.comのサーバーの機能自体には不満もないので,これから探している人にはオススメしておきます.

ただ,MTOSの自動インストールはなくなりました.自分でインストールすればいいけれど…
Wordpressは自動インストールはついてますよ.

お名前.com共用サーバー SD-11 SD-12


SD-11
HDD: 200GB
月額: 1,300円
年払いで980円/月 / 2年払いで900円/月です.お間違え無きよう.

SD-12も年払いで割引あります.

詳細はこちらのページを見てください.

 https://www.onamae-server.com/sd/campaign/price/?btn_id=cp_menu_price

エックスサーバー

PHPもMySQLも使えるし,機能的には全く問題なさそうです.MTOSの自動インストールもついてる.この記事を書いてる今すでにここで良いんじゃないかと思いつつあるわけですが…

初期費用が少しかさむのとお試し期間が短いのがネックでしょうか.

こちらも年払いで月額料金が割引ですので,お間違え無きよう.
https://www.xserver.ne.jp/price/price_x10.php

ロリポップ

安い!初期費用かかるけど,それでも安いですね.

機能比較
https://lolipop.jp/service/about/

しかし…

エコノミー
MySQLが使えない,共有SSL.独自SSLつかえない → 却下

ライトプラン
MySQLが1つ → 却下

となるので,スタンダードプラン以上が必要になりそうです.

ので,私の場合は,あまり旨味はない気がしてきました.しかし用途によってはこの価格でレンタルサーバーが使えるのは魅力的ですね.

ウェブサイトがとってもポップな配色.

他にいくつか見てみましたが,私の候補は上記の3つでしょうか.あ,ロリポップはちょっと機能不足かな.

あとひとつ,三重県の事業者を紹介しておきます.

サイバーウェイブジャパン

http://www.cwj.jp/

レンタルサーバー業者というわけではないですけれど,時代にそぐわぬ価格設定とHDD容量だと思いますがいかがですかね..

ここはそっちよりVMwareの仮想化技術に力をいれているようです.

私もVMwareを少しだけ,ほんの少しだけ体験したことありますが,これから大きな可能性というか,その流れが必要になってくると感じます.

仮想化技術が鈴鹿に浸透するかどうかは,鈴鹿の今後の発展にも繋がるものと思われます.

Caustics by geometry lights

20151130-1

I try again caustics by Redqueenrender.

20151130-1

In this scene use three geometry lights and pure path tracing.

I don’t know much, the renderer that can illuminate interior scene by caustics.

Left side in the back light it has filament.

20150924-1

ミケランジェロ・プロジェクト(原題:The Monuments Men)

ミケランジェロ・プロジェクトを観てきました.

ちなみに隣の県まで行ってきました…

ミケランジェロ・プロジェクトは公開が延期延期になったことで有名.何故かはいろいろな憶測が飛び交っております.

ナチスが強奪した数々の美術品の奪還作戦を描く.俳優陣がとても豪華なので,それだけでも観る価値は私にはありました.内容ももちろん,信念を貫く戦いをユーモアを絡めて魅せてくれます.キャストの演技力は当然素晴らしい.どことなくオーシャンズを彷彿とさせるところもありますね.

彼らの活躍がなければ現在鑑賞できない作品があったのだと思うと感慨深いものがあります.

こういう映画はすぐに公開終了するので早めに行かないとね.

マット・デイモンは2016年2月にオデッセイ(原題:The Martian)が公開されますので,こちらも楽しみです.あちらでは大ヒットを記録.マット・デイモンはボーン最新作の撮影に入ったのでしょうか.

伊藤計劃プロジェクト第2弾,ハーモニーも観るつもりでしたが,時間があわず,また後日に.

11月20日からはハンガーゲーム Finalが公開.

続いて亜人第1部 衝動

12月に入ると007 Spectre

次いでSTAR WARS フォースの覚醒.新3部作その序章.

1月に入ればジョニー・デップ主演のブラック・スキャンダル.こちらも俳優人が豪華!

短いスパンでなかなか楽しみなラインナップが続きます.

 

人類は次のフェーズへ移行できるのか

51bpmfT3RaL._SL250_

こんな本を買いました.

エクサスケールの衝撃

2位じゃだめなんでしょうか?

と,あるフレーズが頭をよぎる.

コンピュータが人類を超える話はSFでは随分昔から言われているが,本書を読むと,自分がこの先問題なく生きていくとしたら,生きているうちにそれは実際に垣間見る事が出来るかもしれないと思わせてくれます.

思わせてくれる,というか,間違いなくそうなるということです.

AIが生まれたとしたら...そのような映画や本はすでに沢山見てきたし,人類は随分昔からその願望を持っていたのだと再認識させれる.脳とテクノロジーを繋ぐ試みも研究されている.

・人類はテクノロジーとの融合を果たす事によって,次の進化をとげる
・AIが出来たら,AIは人知を超える処理速度でさらに進化をしていく

思考を持ったコンピュータが生まれたとき,人類の未来はどうなるのでしょう.

そんな内容が600ページのボリュームで読みやすくまとめられている本書.

理解に苦しむ読者もいると思う,とあるが,私は割りとすんなり受け入れる事ができた,と思う.

 

2位じゃだめなんです.

なぜトップ企業がAI技術を欲しがっているのか,なぜ人類はAIを開発しているのか.世界の一握りの人たちは恐らく途方もない先のビジョンをすでに見据えているのだと感じました.その技術を最初に作ることは,人類の未来そのものを左右するといっても過言ではない?

著者が本書のなかで紹介しているレイ・カーツワイル氏

レイ・カーツワイル氏

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AC%E3%82%A4%E3%83%BB%E3%82%AB%E3%83%BC%E3%83%84%E3%83%AF%E3%82%A4%E3%83%AB

こちらもあわせて読みたいと思う.

邦訳 ポスト・ヒューマン誕生―コンピュータが人類の知性を超えるとき

原書 The Singularity Is Near: When Humans Transcend Biology