オデッセイを観て[原題: The Martian]

41-YkFaghDL

マット・デイモン主演作,オデッセイを観てきました.

原題はThe Martianで,火星の人となるのですが,邦題は捻ってオデッセウスの神話になぞらえたような?タイトルです.

内容はすごく良かったです.良い意味で期待を裏切ってくれましたね.まだの方はぜひ.

とてもアメリカンなノリです.だいぶ死と隣あわせのような状況でしたけど.

それから,原作を読んでみようかと思っています.カットされたシーンも多いらしいですし.

英語学習中の身なので,英語版がいいかな.

劇中のモニターグラフィックはCINEMA4Dが活躍

Territory Studioが手がけたVFX reelはこちらの動画で見ることが出来ます.

http://www.territorystudio.com/

The Martian と CINEMA4D

劇中出てくるモニターグラフィックスは科学的に正確で意味のある,NASAのテクノロジーを再現しているそうで,これを再現するにあたり,CINEMA4Dが活躍したとあります.NASAが現在開発しており,20年後くらいには実現可能なテクノロジーも含まれているそうです.

このモニターグラフィックは本作の見所のひとつでもあり,統一感のあるデザインに,洗練されたフォントや表示など,近未来感を漂わせながらも,あくまで現実の延長であることを意識させてくれます.後々になってこの辺りのさじ加減も素晴らしかったなと思いました.

またモニターグラフィックスだけではなく,地形や砂嵐,スモークにもCINEMA4Dが使用されているとのこと.

詳細はこちらのリンクを

http://www.maxon.net/ja/news/singleview-default/article/bringing-the-martian-to-life.html

http://www.maxon.net/en/news/singleview-default/article/bringing-the-martian-to-life.html 

 

こちらは別のスタジオですが…

MPCのリール

http://www.moving-picture.com/reels/vfx-breakdowns/the-martian-vfx-breakdown

テイクシステムを活用してみる

20160202-1

CINEMA4D R17からの新機能,テイクシステム.

プロジェクトの様々なシーンや設定などを一つのファイルで管理できるようになります.

テイクシステムを使うと,一つのプロジェクトファイル内でテイクを切り替えただけで,あたかも別のファイルに切り替わったかのような動作をさせることが出来ますし,またそれを1つのファイルで管理できます.

メインテイクをベースに,派生する子テイクを作ることで,同じモデルに対して違うマテリアルを適用したり,レンダリングするオブジェクトを変更することが容易になりました.それぞれのテイクに異なる設定をすることで,テイクを切り替えるだけであたかもシーンが切り替わったかのように管理することが出来ます.

例えば…ですが,パースでは,

【車】
・配置や,車種,カラーをテイクごとに設定し,瞬時に切り替えが出来るようにしておく.

【外壁材】
・テイク1でテイク2で異なる外壁材を適用することで,切り替えが容易となる
・外構パーツをテイクごとに設定しておくことで,テイクを切り替えるだけでシーンを
まるごと変更することが出来る.

【ライティング】
・テイクを切り替えるだけでシーン内のライティング設定を変更できる.

【家具】
・テイクごとにレンダリングON OFFを指定しておけば,テイクを切り替えるだけで家具や
マテリアルなどを変更できる.

などでしょうか.

テイクは子テイクを持つことができるので,テイクをさらに細分化し,プロジェクトを一元管理することが可能です.
しかし,むやみに巨大で複雑なテイクを作ることは逆に管理性を損なうことにもなるため,慎重に構築する必要があるかと思います.

何をどのテイクで管理しているのか,把握できる範囲でしましょう..

レンダリング設定やカメラアングル,オブジェクトやマテリアルをテイクごとに設定できたり,テイク内にグループ(オーバーライドグループ)を作成し,まとめてレンダリングのON OFFを設定したり,コンポジットタグやテクスチャを適用することも出来ます.

オーバーライトグループのテクスチャタグは投影法などを個別に設定できないので,テクスチャ画像のあるマテリアルをオーバーライドグループへ適用する場合は要注意です.

以下のシーンでは,テイクを切り替えるだけで,カメラ,昼と夜の環境,ライティング,レンダリング設定がごそっと入れ替わります.

メインテイクが昼で,night sceneを別テイクにしてあります.

20160202-1

20160202-2

 

ボタン一発です.夜用にさらに子テイクを作成し,ライトカラーや設定を変更したテイクをつくることも可能です.

別ファイルにすると,オブジェクトを新たに追加した時など不便ですね.

夜用レンダリングのためにライトグループにレンダリングON OFFをしたり,空オブジェクトを切りかえたりする必要はなく.夜用,昼用とテイクを最初に構築しておけば.切替が非常に楽だと思いました.レンダリング設定も昼用,夜用とテイクを切り替えるだけです.この程度では手動でもさほど問題ないのですが,さらに複雑なシーンであったり,家具が入れ替わったり,室内のマテリアルもまとめて変更したり,といったケースでも非常に有効であると思います.

レイヤの設定をテイクごとに設定することもできます.

異なるアニメーションもテイクごとに管理できます.

全てのテイクをまとめてレンダリングすることもできます.

注意点

オブジェクトの削除は追加は選択中のテイクに限らず,全てのテイクに反映されるので,レンダリング表示のON OFFで管理します.
テイク選択中に,このテイクでは必要ないなと思ってオブジェクトを削除しないように気をつけましょう.

サブディビジョンサーフェイス,頂点ウェイトはテイクごとに設定できない.

上手く活用出来れば,ワークフローの効率アップの助けになることは間違いないでしょう.

テイクシステムは非常に便利なのですが,親と子の継承の挙動やその他のコマンドの役割をマニュアルをよく読んで把握しておいた方が良いと思います.(出来る事,出来ない事もあるため)

ファンズワース邸 – CINEMA4Dレンダリングver

20151223-1

今日はもう一枚,CINEMA4Dのレンダリング練習がてら一枚描きました.

レンダリング方式はイラディアンスキャッシュ+QMCです.

20151223-1

少し早めのクリスマス

お気に入りのお店のケーキにお気に入りのコーヒーを合わせて.

20151220_172604

ピスタチオとチェリーの組み合わせは美味しい.それからベリーの酸味とコーヒーがまたよくあう.大粒でしっかり甘い旬のいちごも外せない.ここのケーキはいつも感心させられる.

このコーヒーはこのシーズンのケーキによく合うようなブレンドと焙煎がしてあり,毎年恒例のブレンド.もちろん単独で飲んでも美味い.やや深煎り焙煎だが,フルーツのような甘酸味がはっきりと出してある.この酸味がケーキのフルーツと相性がよく,またクリームと合うように深煎りらしいカカオのような適度な苦味もある.香りからくる印象はワイン.赤ワインのような香りが気分を高揚させる,まさにこの時期にピッタリなコーヒー.

今年ももうすぐ終わりです.来年はもっと外へ出て勉強会などにも積極的に行きたいなぁと思います.

 

 

 

 

CINEMA4D: 簡単なカーテンのモデリング方法

20151217-8

簡単なカーテンといっても私的に簡単なカーテンの作り方になります.作り方は他にもいろいろあるでしょうが.

使う機能

・スプライン
・ロフト

まずは波打つようなスプラインを作ります.それを複製して(もう一本作ってもよし),最初のスプラインより-Y側へ(常識的に)移動させて,その2本をロフトジェネレーターに入れる.オブジェクトマネージャーの順序は大切です.

これで波打つような形状は出来ます.これだけなら平面ポリや押し出しスプラインだけでも良いですが,もう少しカーテンっぽい形状にしたいところです.そこで,3本のスプラインを使うことにします.

20151217-10

一本目のスプライン(一番上側)

まずはカーテンの形状をよく観察します.いわゆる普通のカーテンならカーテンレールに留めてある部分がありますし,カーテンレールに留まっている箇所は皺が寄っています.それをスプラインで描きます.

よほどカーテンを開ききっていない場合を除いて,ランナーとランナーの間はすこしたるんで下がっているので,そのポイントは少し-Y方向へ下げておきます.

20151217-4

2本目のスプライン(真ん中よりやや上側)

2本目のスプラインはランナーとランナーの間のたるみが消えるくらいの位置に作成します.形状は1本目のスプラインで描いた皺がどのように変化しているかよく観察して描きます.

20151217-5

3本目のスプライン(一番下側)

3本目のスプラインを追加します.これが一番下で簡易的にはOKだと思います.2本目の皺が一番下にきたとき,どのように変化しているか,こちらもよく観察して布の流れを意識して描きます.

これをロフトジェネレーターに上から順番に入れていくと最初よりはずいぶんそれらしいカーテンになりますでしょうか.

スプラインのポイント数によってはロフトの分割数を適宜変更して,布の流れがおかしくならないように気をつけます.サブディビジョンサーフェイスをかけてなめらかにして完成.

20151217-6

20151217-8

スプラインを描くとき,若干Rの大きさやポイントの位置をずらして,バラつきを出すとより自然な感じで良いです.

20151217-7

簡単作成ならこの辺でOKです.

また,クロスシミュを使えばさらに良い感じに仕上がるのではないでしょうか.私はその辺Blenderでやってます.

横方向への開いたり閉じたりは,若干なら拡大縮小で対応できます.現実には拡大縮小しているわけではないので,やりすぎると比率がおかしくなります.

後はカーテンホルダー付けたり,ホルダーに留まっているようなスプラインにしたり,バリエーション増やしてもいいですね.

しかしカーテンは良い素材が沢山ありますから,それを使ってもOKでしょう.

スプラインとロフトを使えば作りやすい形状,後々編集しやすいというのはありますので,結構便利です.

20151217-9

CINEMA4D関連本

これらの本にも役に立つモデリング手法がありますので,オススメです.