Blender hair

セクション分け

Human faceのhairを作成するためにモデルをblenderへ移します。

blenderによるhair作業では、hairのセクションを先に決めています。
トップ、フロント、サイド、バックなどをVertex Groupに分け、それぞれにパーティクルを設定していきます。こうしておくと、それぞれのセクションを編集しやすくなります。特に最後の微調整時。

左右対称で良いところ、そうでないところは把握しておき、hairの編集時にX Mirrorを使い分けています。

場合によってはポイントをひとつひとつ操作していくこともあり、セクション分けをしておくと、他のhairを非表示にしたりできるので、作業もしやすくなります。

セクションを分けると、それぞれにChirdrenやMaterialを設定しないといけないので、多少面倒なところもありますが、それでも全てのhairを表示したまま作業するよりはマシかなと、今のところは感じています。

20141109-2

ヘアカット & スタイリング

hairを作っていて、まずぶち当たったのは、そもそもどこがどの程度の長さで、とか、この髪型の場合、各セクションの長さはどうするべきか、といったことで、これはCGの知識ではどうしようもありませんでした。

以前のブログにも書きましたが、これはヘアカットをしている理容師、美容師の知識が必要になってきます。ヘアカットの知識や、ヘアスタイリングの考え方を知っておかないと、適当にhairを作ってもダメだなと感じました。

幸い、知り合いにそういった方もいましたので、意見を頂戴しにいったところ、ありがたいことにいくつかの本を貸してくれたので、そちらで基礎を勉強させてもらいました。実際、本を読んでみて、各セクションの髪の長さ、パーマのかけかた、バリエーション、スタイリングについてある程度学ぶことが出来ました。

ヘアスタイリング特集などの雑誌より、プロの理容師が読むような専門書の方が良いと思います。

こちらは基本のボブカットを参考にblenderで作業したものです。
修正したい箇所もあるんですが…
20141109-3

次はパーマも作ってみたいですね。

長さ、流れ、ボリューム感を意識して

作っていて難しいと感じるところは、

各セクションの長さのコントロール
毛の流れ
ボリューム感

です。blenderでは、

長さ・・・Lengthで調整
流れ・・・Combで調整
ボリューム感・・・Addで植毛し、ChirdrenのLength値とThreshold値でセニング効果がだせます。

あたりを使って微調整をしていきますが、難しく感じるのは長さで、これを揃えながらというのが難しいです。とにかく繊細に作業していきます。時に全体のバランスを見ながら。

 前髪と産毛

今回は前髪をワックスをつけたような先端が少しツンツンした感じにするために、ChirdrenのClumpを高めに、Shapeを低めに設定しました。

生え際の産毛はさらにパーティクルを追加し、長さを短めにして、前髪の根元を補完していきました。少しだけ、StrandのRootとTipを細くし、カラーも薄くしています。

レンダリング

今回はblenderのデフォルトレンダラで、hairの状態確認のため、GIなし、SSSもなしです。

20141109-4

微妙に似ない^^;;

用語の書き方をどうするか、悩みます…

hair or ヘア

とか…