Advanced Render,Corona,Arnold

Cinema 4D Advanced Render

イラディアンスキャッシュ設定の練習.プライマリもセカンダリもイラディアンスキャッシュ.

20180630

サンプルは1024でレコード密度はやや荒め.奥のライトがあるおかげで,レコード密度を上げでもサンプル1024ではやや足りない印象.特に天井の隅にアーティファクトが集中する.一応天井のディテールオブジェクトにはコンポジットタグでサンプルとレコード密度は部分的に上げたものの,それでも細かなアーティファクトが若干残っていた.

そこで,Neat Imageでアーティファクツのノイズを除去してみた.まぁまぁディテール残りますね.

20180630_2

Corona Renderer

次の画像は制作過程で試したCorona Renderとの比較.CoronaもキャッシュをとるレンダラだがCinema 4Dのようにシェーディングポイントを微調整する作業は皆無でとにかく楽.しかもパストレースとキャッシュの組み合わせなのにCinema 4DのQMC+キャッシュよりはるかに速い.

20180628-1

Cinema 4Dも設定を詰めれば綺麗な絵は出せるけど,シーンごとに最適値を探る必要がある.もちろん慣れると見極めも早くなるが,Coronaのように無設定でレンダリング開始するだけでそこそこ早いのは魅力だし,多少のノイズならデノイザーでかなり綺麗になる.

Coronaマテリアルはテクスチャをビューポートで確認できるのが良い.自分もカスタムマテリアルでこれを実現したい.

Arnold Renderer

次の画像はAronld Render.テストできる環境にしてもらったので時間のある時にいじってます.謝謝.

6_rendering_GIarea_Arnold

パストレースのみの1パスレンダラなので,インテリアでは綺麗な絵にしようとすると少し時間がかかるが,こちらも分散ノイズなのである程度のノイズはデノイザーで綺麗になる.品質に関する設定はほぼ無いので,レンダリング設定にかかる時間をレンダリング時間と思えば多少レンダリング時間がかかっても良いかもしれない.