Makoto TAMURA website

*

はじめてのCinema 4D

   

2017年4月に「はじめてのCinema 4D」という書籍を執筆し、無事、出版されました。

本の執筆自体は初めてでしたが、とても貴重な経験をすることができ、嬉しく思っています。沢山の方の協力もあり、内容の精度もあげることが出来たと思っております。一部、私の大きな誤植がありました点、すみません。

こちらの本の内容としては、Cinema 4D R18ベースで書かれたチュートリアル形式の内容になっています。これからはじめてCinema 4Dをさわる学生の方、社会人の方向けに書いています。

Cinema 4Dはすでにかなり大規模な3DCGアプリケーションですので、このページ数では当然すべての内容を網羅することは不可能ですが、はじめて触る方がとっつきやすいように、またCinema 4Dをこれから使うにあたって、まず覚えておいた方がよい機能などはある程度含めたつもりです。モデリング~レンダリング、アニメーション、MoGraphの基本的な使い方を含めてあります。

Cinema 4Dはインターフェイスが非常によく作られているため、3D初心者にも覚えやすいという声はよく聞きます。実際私がCinema 4Dを使い始めたころ(R9)もそのように感じました。ほかのソフトが気になって手を出しそうになったことはありますが。

Cinema 4Dはアニメーションに強く、とくにモーショングラフィックスでよくつかわれており、その中枢を担うMoGraphという機能はえげつなく強力です。AfterEffectsとの連携は、これまたえげつなく強力です。また、サードパーティレンダラも豊富で、建築やプロダクトにも十分使えます。

最上位グレードのStudioだと少し高いかと思うかもしれませんが、トータルパッケージのコストパフォーマンスはかなり良いソフトだと思います。(MoGraphは残念ながらPrime,Visualizeには入っていないけれど、建築用途としてもかなり役に立つ機能であることは間違いないです)

基本的には安定しており、落ちることが少ないです。(とはいえ油断は禁物)

最初の要点だけ押さえれば、あとは自学自習でどんどん勉強できるようなソフトだと思うので、初心者の方にもオススメです。最近はチュートリアルも豊富ですし。

学生であれば最上位のStudioが最新版で無償で使えるのも大きなポイントです。

手に取っていただければ幸いです。

また、Cinema 4Dユーザーが増えるととても嬉しいですし、そう願っています。

 

 - CINEMA4D, Diary, R18