3D-CoatとQuixel

20151213-1

今回はベッドシーツの作成です.

ベッドシーツは3D-Coatでボクセル→リトポ→ペイント→出力,という流れでやりました.

Quixelで作成したテクスチャを使って,3D-Coatのスマートマテリアルを簡単に作ることができます.今回はコットンテクスチャをalbedo, gloss, normalなど出しておいて,それを使って3D-Coat側のスマートマテリアルに読み込んでレイヤーやパラメータを調整したりして,扱いやすい用にしておきました.この使い方は結構有用ではないかと思っています.Quixel2.0になってプリセットも増えたので,さらにいろいろ作れそうです.

20151213-1

 

 

 

それぞれのメリットを上手く活用したいところです.

週末はあまり作業すすまずにこの程度で終了.


 

ハンガーゲーム モッキングジェイ part2観てきた.

2012年から続くシリーズ,ようやく完結.