ファンズワース邸をモデリングしてみる – 2

20151203-5

今日はコンロと水周りなど細々した箇所をモデリングしました.

サッシを資料と比較しながら修正.細かい部分ですけど,こういったところにシャドウが入ると締まります.建物がシンプルなだけにより目立つのでしょう.資料だけでは分かりにくい箇所はそれっぽく補完していきました.

キッチン側・・・この後,通路が狭かったので,調整しました.

20151203-2

リビング側・・・シンプルに暖炉があるくらい.

20151203-1

両サイドにある扉の中がトイレとバスルームになってます.ほんとにシンプル.

あまりにもシンプルな家ですので,実際生活しようとするとどうなのかな,と思ってしまいます.今自分の周りには物が溢れすぎている気もしますので,実際これくらい何もない方が気持ちも落ち着いて良いのかもしれません.

全面ガラス張りなのは周囲が森だからまだ良いのでしょうが…

いや,やっぱり住むのはキツイナ.

かの安藤忠雄さんの住宅の,住みにくいのを覚悟で住んでね,というのを思い出しました.安藤忠雄さんの建築はすごく好きですけど,住んでみたいとはなかなか思えない.

軽くレンダリングの設定を確認しておきました.

20151203-3

20151203-4

20151203-5

 

家具類も作成しなくてはいけませんので,まだしばらくはモデリングが続きます…

 

追加

こちらはフォトンマッピングを使用したものです.床にコースティクスが落ちていたり,情報量が増えています.

20151203-6