実践! ハイエンド3D CGプロダクションの現場に学ぶスペシャリストの技とコツ

こちらも2月はじめくらいに購入して、ようやく読みすすめています。

購入の決め手

人体からクリーチャー、SFメカといったそれぞれのカテゴリでハイエンドなモデリング、テクスチャリング、リギング、レンダリング、コンポジットと製作工程が細かく書かれてます。

それぞれのアーティストの考え方、作り方が参考になると思います。ボーンやウェイト設定も少し書かれています。今後の製作のヒントが沢山詰まっているなと感じる一冊。

本書で解説されているCGソフトはMODOやZBrush、3ds Max、V-Ray、After Effectsなど多岐にわたるのですが、CGソフトが違ってもやることに違いはありませんので、私はCINEMA4Dですが、即購入しました。その割りに今頃読んでるのが辛いところ…

20150407-1

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です